音楽教室 ピアノ フルート ボイトレ ギター カラオケ
042-573-8784
ボイストレーニングの小部屋

声のポジションについて
声を出し始めの人は声のポジションがほぼ首から上の方が多く、喉を締め付けながら声を出しています。高い声を出すには訓練が必要です。いくつかのポイントを押さえれば出るようになってきます。

声を支える場所は間違いなくお腹なので基礎をやらなければ喉を壊すことになります。体感しなければわかりづらいのですが喉に負担をかけず高音を出しましょう。ポリープが出来たり病気になったりでは歌どころではありません。

最近では高音の出し方について詳しく書かれている良書も出ています。

チェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイスという概念も掲示板などを見るとかなり浸透してきているように思います。中低音を鍛えればこの概念も早く体感出来るようになると思います。

まず自分の声を高、中、低に3分割して録音してみましょう。歌ではなく「オ」や「ア」等の音を鍵盤かギターで調べ3つの音を固定して2小節伸ばしてみましょう。弱点が見えてくるはずです。まずは己を知る事が大切です。頭、首、舌、口周りの力を抜き、臍の下あたりに力を入れて行いましょう。